微量要素葉面散布剤肥料

アクアマグ 散布試験    南留萌地区農業改良普及センター

散布品種 : ブドウ 紅塩谷

散布実績 : 7月 22日   
アクアマグ 
      8月 6日   
アクアマグ (フロンサイド)
       8月 15日   
アクアマグ (フルピカF)
      8月 26日   
アクアマグ (ロブラール)  4回散布

考  察 : 具体的な調査は行っておりませんが、観察では効果が認められました。
      実施した生産者も効果には驚いています。



アクアマグ  散布試験   岡山県 JA阿新 阿新農業改良普及センタ―

(圃場No.1)
品種・作型 : ピオーネ 3月加温栽培
樹 齢   : 8年生
生育概要
         加温開始  :  3月 10日
         満開期   :  5月  1日
         果粒軟化期  :  6月  6日
         成熟期    :  8月  5日
         収量     :  約 1700s/10a
試験内容
         袋掛け後に
アクアマグ を 2回 農薬混用で散布。
1回目: 5月30日
      ICボルドー66D 40倍,スミチオン水和剤 1000倍,
アクアマグ 800倍
2回目: 6月12日
      ICボルドー66D 40倍,スミチオン水和剤 1000倍,
アクアマグ 800倍

試験結果の概要
    成熟直前(7月下旬)の段階で処理区、無処理区とも苦土欠乏症の発生はほとんど
    認められなかった。その後、収穫期(8月上旬)になって欠乏症の発生が始まった。
    この時期、樹による差はあったものの達観的に、無処理区の方が結果枝基部の本場に
    おける欠乏症の発生が多く認められた。
    9月下旬になると、処理区、無処理区の差が一層顕著に現れた。

     

 マグネシウム肥料散布区  無散布区
    アクアマグ 散 布 区           無 散 布 区 


微量要素葉面散布剤肥料

  使い方 >  ブドウ>試験1>試験2