微量要素葉面散布剤肥料  イチゴに葉面散布の上手な使い方

「生長の盛んな葉・花芽・茎・根のカルシウム補給に」

アクアカル   液体有機酸カルシウム

○ 葉面吸収と植物体内移行に優れた有機酸キレートカルシウムを主原料に
  各種カルシウムがバランスよく配合されています。
○ 従来のカルシウム剤では移行しにくい生長点などへ強いキレート化で
  スムーズに吸収移行されます。

アクアカル の生理的効果】
◆ チップバーン(葉先枯れ)やガク枯れ予防に効果があります。
  窒素の過剰を抑え、定期的に散布。
◆ 果実の軟質化防止に効果があります。
  収穫期の追肥が遅れると茎葉が伸び、果実が柔らかくなる。

【散布濃度】 農薬混用 1000倍 *液体ですから、混用が容易です。


根張り・クラウン・葉・果実・ランナーの充実に」

ヨーヒB5   有機酸総合微量要素液肥

○ 微量要素と有機酸を中心に開発された葉面散布肥料です。
○ 従来の液肥では不可能とされたホウ素を特許技術により
  約 10倍以上高めました。

ヨーヒB5 の生理的効果】
◆ 同化呼吸作用を活発にし、イチゴ栽培にとって大切な光合成を促進させます。
◆ 糖や炭水化物の生長点への転流を円滑にしてタンパク質の生成を促進します。

【散布濃度】 農薬混用 800倍 *定植期から収穫延長まで使用できます。

【使用例】
散 布 の 時 期 液 肥 の 種 類 散 布 の 目 的
親 株 〜 定 植 後 ヨーヒK22 ヨーヒB5 健全ランナー育成・活着
ラ ン ナ ー 育 成 ヨーヒB5 ヨーヒP12 生育促進・クラウン肥大
収 穫 期 間 アクアカル   チップバーン軽減


微量要素葉面散布剤肥料

  野菜編  > イチゴ