微量要素葉面散布剤肥料  オウトウに「ヨーヒB5」

根から吸い上げた三要素 (N.P.K) と土からでは難しいとされている
微量要素を葉から与えて樹液のバランスをとり樹液養分を高める これが
ヨーヒ です


ヨーヒB5 の特長

 ◇ ホウ素5%! 特殊技術により、従来の液肥では不可能とされていたホウ素を
   一躍 10倍まで高めました。
 ◇
有機酸、アミノ酸、糖類 を多量に含有しているのでリン酸の吸収を促進させ、
   従来の葉面散布剤より安定性が高く効果抜群です。
 ◇ カルシウム、水分の吸収やホルモンの移動を助け
果実の細胞分裂を促進させます。

■ 成分表 (%)
品 名 窒素 リン酸 カリ 苦土 ホウ素 マンガン モリブデン 亜鉛
ヨーヒB5 2.0 5.0 4.0 3.0 5.00 1.00 0.10 0.20 0.08 0.07
ヨーヒK22 6.0 3.0 3.0 4.0 0.07 2.00 0.50 0.20 0.08 0.07
ヨーヒP12 12.0 1.0 0.50 カルシウム  3.0 糖 類
アクアカル 液 体 有 機 酸 カ ル シ ウ ム カルシウム 12.0 糖 類



 ヨーヒB5,ヨーヒK22,ヨーヒP12,アクアカル の効果

  ○
果梗が太く長くなる。 ○ 生理的落果軽減。 ○ ウルミ果軽減、日もち向上。
  ○
果実の肥大、着色促進。 ○ 葉の厚みの増加.。 ○ 花芽の充実。 ○花疲れ回復に。

■ 使用方法     農薬混用 800〜1000倍
 
  ○ 使用例

散 布 時 期 液 肥 の 種 類 散 布 の 目 的
 風 船 上 開 花 前 B5  花芽の充実促進
 開 花 3 日 後 B5  結実促進
 満開 10日、15日後 B5  細胞分裂促進
 落花 20日後      (花疲れ) B5、K22、P12  果実の肥大促進
 着 色 始 B5、P12、アクアカル  果実の着色促進
 着 色 期      (着色始より1週間後) B5、P12、アクアカル  果実糖度の促進
 収 穫 最 盛 期 アクアカル  ウルミ果軽減
 収 穫 後     (花芽充実に)   B5(2回)、    P12(3回)  貯蔵養分の蓄積


  桜桃2桜桃3


微量要素葉面散布剤肥料

  使い方 > オウトウ